渡御


裃姿の神社役員と八雲委員達、正装姿の四人の若衆世話人、祭半纏着用の受々当番の若衆達が、時間通りにお仮屋前に勢揃い致します。
 お神輿の渡御に当り非常に活気に満ち溢れており、交通は一時遮断されます。
 渡御発輿祭が終ると若衆が手早く舁ぐ準備を致します。持参の酒で直会、木頭による手締めで出御です。
 触れ太鼓、手に長刀を握った赤面と青面を附けたカラス天狗、賽銭箱を舁いだ二組の若衆、朱傘、お神輿、前導、神職、八雲委員達の順で出お輿します。
 御巡路は仲町、泉町、屋敷町、元田町、金井町、鍛冶町、日野町と御巡行されて十文字のお仮屋に還御なされます。正午までにお仮屋に着く事が若衆の心意気とされております。
 各会所で会所祓を致します。お神輿の向きは町によって異なりますが、会所の正面の道路中央に、お神輿を安置します。すぐにその町の若衆はお神輿の前に祭壇を設けて、御神酒、赤飯(重箱の蓋を取る)、鏡餅、胡瓜、野菜、果物等をお供えし会所祓を致します。
 渡御を始めとして、神幸祭、還幸祭では、お神輿を高い所から見下ろす事は大変忌み嫌われており、二階から見下ろしたりする家があると、その家にお神輿をもみ込んだ事もあったと伝えられております。


お仮殿・各町会

木頭が締める
P1060285.jpg

P1060289.jpg
お神輿には、拍子木は使いません。
P1060292.jpg

P1060293.jpg

 

P1060304.jpg
無事ご移動に安堵
P1060302.jpg
受当番の泉町の皆さん。
P1060308.jpg
準備が整いました。
P1060312.jpg
神幸祭


渡御 泉町会所付近

泉町の世話人や若衆、住人の皆さんが沿道で拍手でお出迎え。
00370.jpg
沿道の皆様の前にて、神輿を担ぎ上げ。
00370_1.jpg

走りながら会所へ向かう。
00370_2.jpg

泉町会所に到着。
00371.jpg


渡御 屋敷町・八雲神社付近

泉町を終え、お神輿は屋敷町会所へ向かう。
00376.jpg
屋敷町の会所へ到着。
00376_1.jpg
八雲神社前、朝の静けさの中。
00377.jpg
八雲神社までもう少し、早朝より街の1/3を練歩いた。
00377_1.jpg

朝早くから、自町内の交通整理を行う元田町の若衆。
00378_1.jpg
お神輿は八雲神社に到着。
00378_2.jpg

00378_3.jpg

00378_4.jpg


渡御 八雲神社・元田町会所付近

泉町を終え、お神輿は屋敷町会所へ向かう。
00386.jpg
『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』で撮影場所となったラーメン川又さん、看板はみどりやさんのまま。
00379.jpg
町境にて折り返し。
00387.jpg

元田町会所に到着。会所祓。
00387_1.jpg

00381.jpg
お神輿は役所前に出てきました。これから金井町会所へ向かいます。
00389.jpg


渡御 金井町会所付近

お囃子が鳴響く、金井町。
00390.jpg
このころになると、観光客の皆さんの数が増えてきました。
00393.jpg

金井町の世話人、若衆、町民のみなさんがお出迎え。
00395.jpg
金井町会所に到着。会所祓。
00396.jpg
神主さんご一行は、タクシーにて移動。すごい距離、時間を行うので当然の対応でしょう。
00398.jpg


■渡御 鍛治町会所付近

 

金井町から出発から1時間、鍛治町の会所からお神輿が見えてきました。
00399.jpg
出迎えや準備もあり、担当の若衆が走って会所に戻ります。
00400.jpg

渡御担当町会のため、担ぎ手もパワーアップ。
00401.jpg
日野町会所に向かいます。
00406.jpg


■渡御 日野町会所付近

 

日野町会所に到着し、会所祓。
00406_1.jpg
からす天狗の槍で、頭をなでてもらうと健康で健やかに過ごせる。
00407.jpg

世話人が先頭で挨拶する姿は、やっぱりかっこいい!!
00408.jpg
これから日野町一巡で、お神輿は戻ります。
00408_1.jpg

 

 

Translate »