山の制作(写真:山あげ祭2011年6月4日)

山あげ祭の準備は追儺祭のあとから始まります。竹で組んだ網代を制作し、和紙を貼るという工程を若衆さんたちは、毎日繰り返します。

この年の仲町の世帯数は52戸で、6町内でも最小の世帯数となっています。

山あげ祭が開催できるのかと心配されましたが、仲町自治会、若衆団、それぞれが伝統を受け継ぐべく尽力した結果、無事、山あげ祭の開催へとこぎつけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください